奥手な方におすすめ

異性と話すのは緊張してしまうけど、婚活を含め出会いの場が欲しいと考えられている方は多いのではないでしょうか。

そもそも、なぜ異性と話すとき緊張してしまうのでしょうか。それは、第一に会話の糸口がどこにあるのかわからない点に尽きるのではないでしょうか。女性同士でしたら身につけているものやネイルなどから、話を膨らませていくことは簡単なのにと、考える方もいることでしょう。しかし異性から同じようなことを言われたらどうでしょうか?会話が弾むどころか身構えてしまうことの方が多いです。

食事もしその出会いの場が、異業種交流会であったらどうでしょうか?元々仕事上の人脈作りのための会から生まれたこちらでは、互い仕事の話から入っても違和感がありません。しかも、角ばった形式のない会のためお互いに話したと思う会話をすることが可能です。

しかし、そのような会であっても人の第一印象は見た目から始まることは確かです。いくら中身が良い人であっても、ヨレヨレの服を着ていたり、メイクが落ちかけているような状態であったら周りから浮いてしまいます。仮装のようになるほど気合を入れる必要はありませんが、やる気があるアピールとしてTPOに合わせたオシャレも重要です

異業種交流会は、せっかくの出会いの場所です。上手に活用することで、自分の求めるスペックで尚且つ気が合う人を見つけることが可能な会だと婚活の一環として参加してみてはいかがでしょうか。

異種交流会って?

ビジネスの人脈作りから発生した異業種交流会には、一般的に「名刺交換会」と呼ばれるものと「異業種交流パーティー」と呼ばれるものがあります。

男女婚活の一環として出会いを求めているのであれば、同じ異業種交流であってもパーティーの方がお勧めとなります。両方ともある意味出会いを求めてはいますが、名刺交換会とも呼ばれる異業種交流会は、名刺が物語るように仕事の人脈を求め行われるものです。そのため、仕事のついでで出会うのは良いかもしれませんが、本来の趣旨は仕事となります。パーティーは、婚活などの出会いを求めて開催されるもので、集まる方も会場も良い出会いの場のとして意識しているため、会場そのものからその趣旨が異なります。そのような差があるために、同じ異業種交流会であっても参加費も異なります。ただ安いからとどの様な趣旨の会なのかを理解せずに出席してしまうと、目的によってはあまり意味のないものになってしまいます。

また、出会いに意識を置いた異業種交流会では、概ね募集要項の条件が決まっており、普段異性と会話するときには何を話せばよいのかわからないという方でも、同じような業種の方同士であれば仕事から始まる会話など話題に困ることがありません

さらに、今までのお見合いをメインにしたパーティーと異なり、自由度が高いためその場で付き合うことを決めるのではなく、連絡先を好感しデートを何度か重ねフィーリングが合うようだったらお付き合いを始めるため、気負わずに参加できるメリットもあります。

出会いの増やし方

同性が多い職場に勤めているなどで、異性との出会いを求めながらも中々出会い自体が望めないこともあります。そのような方が出会いを増やすための方法とは、どの様なものがあるのでしょうか。

パソコン一昔前であれば、ご近所の世話焼きな方が「この人は良い人なのよ」と話を持ってきてくれたということもありました。しかし、人間関係が希薄になっている現代ではあまり聞かなくなってきています。それに代わり結婚相談所のようなお金を払い登録している者同士を引き合わせるビジネスもあります。個人では出会いを目的としたコンパやお見合いパーティーなどもありますが、そのようなことを企画する人がいないとできなかったり、引っ込み思案で派手なことが苦手だと敬遠してしまうこともあります。そのような方には異業種交流会という、ビジネスにおいては別名名刺交換会と呼ばれ異業種間で人脈を広げる会と、出会いが目的の別名異業種交流パーティーは大変有効な手段だといえます。

純粋に人脈としての出会いを求めているのであるのなら、異業種交流会はどちらに出席しても問題はありませんが、婚活を目的とした出会いを求めているのであれば、異業種交流パーティーがおすすめです。多くの異業種交流会においては、年齢などの募集要項の条件があり、中には職業の限定されたものもあります。そのような場合、異性と話すのが苦手であっても、仕事を通じた会話を行えるため新しい出会いに通じることがあります。

異性との出会いを増やしたいお考えの方に、このような異業種交流会について次のページで説明します。出会いを婚活に繋げてゆきたいとお考え中の方にお役に立てれば幸いです。